寒さも感じるようになってくる10月。日もどんどん短くなって、なんだか寂しいですよね。今まで18時は明るかったのに「もう真っ暗だ!」なんて驚いてしまいます。

 

一方で美味しい食べ物が沢山収穫できるのもこの頃からです。食べ物が美味しいとついつい手が伸びてしまいますが、食べ過ぎにはお気をつけください。

 

10月のように涼しくなってくると、何をするにも最適です。暑くてやる気が出なかったタスクも溜めないうちに片付けてしまいましょう。

 

さてあなたは10月と聞いて何が思い浮かぶでしょうか?今回当サイトでは10月といえばランキングを作成しました。ぜひランキングを予想しながら楽しんでくださいね。

3位 運動会

 

 

運動の秋!3位は運動会でした。運動会は5月にもランクインしていますが、古い世代の私はやはり10月の方がしっくりきますね。

 

この時期は先生方も2学期真っ最中で忙しいです。それでも親御さんにとっては日に日に涼しくなっていく10月に、子供の勇姿を見ることが出来るので嬉しいですよね。

 

ですが、運動会が10月ということはその練習はもっと前……。まだ残暑残る時期に練習されるお子様がいましたら、熱中症対策を万全にしてくださいね。

 

さて5月に運動会がランクインした時には思い出深い競技ランキングをご紹介しましたが、今回は熱中症対策に持って行きたいものベスト3をご紹介します。

 

涼しくなってきたとはいえ、直射日光の中で長時間外にいたら体が熱くなってしまいます。お子様も親御さんも先生も競技中にでも倒れたら、せっかくの運動会が台無しです。

 

そこで、これだけは持っていこうというものをランキングでご紹介します。どれも必需品なので要チェックですよ。

 

【運動会に欠かせないものベスト3】

1位 水筒

2位 帽子

3位 保冷剤

 

こちらの3点をお忘れずにお持ちください。タオルやうちわなどもあると良いですが、タオルで汗を拭きすぎると汗をよりかきやすくなってしまうのでご注意ください。

 

また保冷剤は首や太ももの付け根、脇の下など太い血管の近くに当てると体温が下がりやすくなりますよ。熱中症対策は万全にして、運動会を楽しんできてくださいね。

 

スポンサーリンク

2位 紅葉

 

 

2位は紅葉でした。四季がはっきりしている日本ならではといって過言では無いのではないでしょうか。秋になると赤や黄に染まる葉はとても風流を感じさせてくれます。

 

ではなぜ葉は赤に染まると思いますか?

 

実は葉が赤く染まることで、木を守っているんです。木は冬になると光合成がしにくくなるので葉を落とすのですが、その前にクロロフィルという緑の色素を分解します。

 

その際に分解された色素が木にとって有害な物質になってしまうんです。そこでその有害な物質から木を守るため、アントシアニンという赤色の色素を出しているんです。

 

あの綺麗な赤には木を守るための工夫があったんですね。紅葉狩りで綺麗な赤色の落ち葉を見た時は、色素の話を思い出してみてください。

 

スポンサーリンク

1位 ハロウィン

 

 

10月といえば「10月31日のハロウィン!」という方が1番多かったです。今では10月31日の街中にはたくさんの可愛らしいおばけが練り歩いていますよね。

 

10月31日近くになるとハロウィン限定のお菓子がたくさん売られています。日本では今や若者を中心に大きなイベントになったハロウィンですが、ハロウィンの由来はご存知ですか?

 

今回はがっつりとハロウィンの由来をご紹介します!

 

ハロウィンの起源はなんと、2000年前にあると言われています。ケルト民族にはドゥルイド教という宗教があり、そのお祭りにサウィン祭というお祭りがありました。

 

秋の収穫を祝うお祭りだったんですが、その際に悪霊退散を願ったのです。それが今も続くハロウィンの起源と考えられています。2000年も前のことが今も続いているなんて驚きですよね。

 

今年のハロウィンはそんな豆知識も交えながら、楽しんでみてはいかがでしょうか?

まとめ

 

いかがだったでしょうか。10月は涼しくなって過ごしやすいですが、気温がぐんと下がるので風邪にも気をつけたい時期です。

 

手洗いうがい、マスク以外にも加湿器をつける等も風邪予防になりますからぜひ試してみてくださいね。

 

10月は3位にランクインした運動会や、1位にランクインしたハロウィンなど楽しい行事があります。そんな楽しい行事をお布団の中で過ごす、なんてことにならないようお気をつけください。

 

体調に万全を期して10月の行事に挑みましょう!

 

スポンサーリンク