夏が盛りに近づいていく7月。ある少女漫画で「15の夏は一度しか来ないんだよ?」なんて言っていたのを思い出します。やはり夏には恋人向けの行事、恋人向けでなくても色々な行事があるんだなぁ、と思ってしまいます。

 

そろそろ熱中症にも気をつけなくてはならない季節。お出かけの際は飲み物、塩分を補給できるもの、帽子、日焼け止め等を忘れずに持って行ってくださいね。

 

塩分を取らずに水分だけ取ると脱水症状が引き起こされる危険があるそうです。お飲み物を生理食塩水、経口補水液にする……とまでは行かないまでも、スポーツドリンクにする等の熱中症対策はしてくださいね。

 

さて、そんな楽しい中にも危険の潜む7月。あなたなら何を思い浮かべるでしょうか?当サイトでは7月に向けて、7月といえばランキングを作成いたしました。

3位 海の日

 

 

7月の祝日といえば海の日!やっぱりお休みは嬉しいですよね。最近は、海の日に対応して山の日なんてのも作られましたよね。

 

海の日といえば7月の第三月曜日ですが、海の日の由来ってみなさんご存知ですか?実はこの海の日は、明治天皇ご帰還の日なんですよ。

 

どういうことかというと、明治天皇が明治9年に東北地方をなんと50日間もご観覧なさったそうです。その後、初めて船に乗って横浜に帰ってきたのが7月20日だったそうです。

 

海の日は1996年に国民の祝日となりました。最初の頃は7月20日でしたが、2003年には7月の第三月曜日に変更されています。

 

海の日にこんな深い由来があるなんてびっくりですよね!今年は海の日だけでなく、7月20日も気にかけると良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

2位 夏休み

 

 

夏休み!誰もが楽しみな行事です。こんなに長い休みはなかなか取れないので、何をすればいいか悩んでしまいがちです。あとで後悔しないためにも充実した過ごし方をしておきたいところです。

 

そこで当サイトでは、オススメの夏休みの過ごし方をいくつかご提案致します。

1、1人旅をしてみる

 

こんな時こそ家族で過ごしたい!という方もいらっしゃるかもしれませんが、そう言っているとなかなか1人での時間を取れないものです。きっと家族では行けなかっただろう所へも行けますよ。

2、趣味に没頭する

 

なかなか時間が取れなくて、趣味に没頭できなかった人は、ぜひこの機会に趣味に没頭してみてはいかがでしょうか。読書、ゲーム、編み物など。趣味は結構時間がかかって、没頭できていない人は多いと思います。時間をとって趣味に思う存分没頭するビックチャンスです!

3、大掃除

 

この時期に!?と思うかもしれませんが、この時期を逃せば、後は師も走る忙しい12月しか残っていません。会社や学校ばかりで部屋がおざなりになっている方、ホコリが溜まっていますよ!時間とやる気があれば模様替えも良いですね。

 

いかがでしょうか?どれもこれも時間を取るものですので、夏休みの計画と相談しながら実践してみてください。夏休みの計画はお早めに!

 

スポンサーリンク

1位 七夕

 

 

1位はやはり七夕ですねー。笹の葉さらさら〜。ほかの人のお願いを見るのは趣味が悪いと思うのですが、どうしても気になっちゃいませんか!?

 

私の小さい頃のお願いはお金とか○○が欲しい!とか物欲にまみれたものだったと思います。(お恥ずかしい…)

 

周りの子はみんなの願いが叶いますように!とか世界の人が幸せになりますように!とか書いていた記憶があります。今考えれば立派だなぁ、と思えるのですが、当時は「ほんとにそう思ってるのかよ」とずっと疑ってました。

 

う~ん、ひねくれた子どもでした…。まぁ、そんなひねくれた子どもの話は置いておきましょう。さて七夕といえば織姫と彦星の逸話ですが、七夕の日に雨が降ると嫌ですよね。

 

実はこの、七夕の日に降る雨には名前があるんですよ!七夕の日に降る雨は催涙雨(さいるいう)と言って、織姫と彦星が会えなかった悲しみで流した涙だと言われています。

 

一年で一度しか会えないのに、会えなかったなんて悲しいですよね。今年はそんな涙が降らないよう、またみなさんの願いが届くよう、七夕の日に晴れるようお願いしてみてください。

まとめ

 

いかがだったでしょうか。予想通り!という方もそうはいかなかったという方もいそうです。私は7月といえば「七夕」なのですが、7月が終わると神様に届けるために竹ごと短冊を燃やすのがなんだか寂しかったです。

 

だから必死にお願いが届くようお祈りしていました。七夕ではもう久しくお願いを書いていませんが、今年は書く機会があったら書きたいなぁと思っています。

 

何を書くかは秘密です!(笑)みなさんも機会がございましたら、お願いを書いてみるのはいかがでしょうか?お願いが神様に届くといいですね。

 

スポンサーリンク