春は別れと出会いが訪れる季節です。満開の桜の下で経験する出来事が一生の思い出になっている人も多いようです。一方で花粉症の人にとっては最も苦しむ季節でもあります。

 

そんな春という季節ですが、あなたはどんな印象がありますか?当サイトでは100人にアンケートを行い、春といえばランキングを作成いたしました。お役立ち豆知識とともに早速ご紹介していきます。

3位 入学式

 

 

新年度の始まり、最初の第一歩。どんな人が周りにいるのかとても気になる入学式。とてもドキドキですよね。

 

小学校、中学校、高校、大学と色々な入学式がありますが、みなさんは、いつの入学式が一番印象的だったでしょうか?

 

私はほとんどどの入学式も覚えていないんですが、いつもとても緊張したのを覚えています(^_^;)

 

さてそんな年度のはじめ、大切な入学式。はじめから失敗してしまいたくないですよね。そこで、入学式の日にすべきことをご紹介します!

1、連絡先の整理

 

入学式、初めて出会った人とは交換するだろう連絡先。いざと言う時に呼び出しやすいよう、あだ名・どういう関係かということくらいは登録しておきましょう。

 

ラインでも、この人とはよく話しそうだな、という人はお気に入り登録をすると呼び出しやすいかもしれません。

2、シラバスに目を通す

 

1年の計画が書かれた大切なシラバス。いずれ読むとは分かっていても、1度目を通しておいた方が良いですよ。

 

またなにか読めば浮ついた心も幾分落ち着くかもしれません。そういった意味でもシラバスは読んで損は無いと思います。

 

いかがでしょうか?2つしかありませんが、どちらもやっておいて損は無い大切ななことです。1年間のスタートをしっかり切れるよう、ぜひ実践してみてください。

 

スポンサーリンク

2位 桜

 

 

2位は春と言えばの花、桜でした!やっぱり春はお花見ですよね。ぽかぽかしたひだまりの中、満開の桜を見ながら食べる料理は一味違います。

 

春と言えば桜!お花見!となりますが、桜に似た花がありますよね?

 

そう、、、です。

 

なぜお花見は梅ではなく、桜なのでしょうか?どちらも小ぶりの花で似ているし、梅の花も綺麗なのにお花見といえば桜ですよね。

 

実は桜の方が下を向いて咲く花が多いからなんです。つまり人が見上げた時に桜は花の顔がちゃんと見えるのですが、梅は花の背の方が多く見えてしまうんですね。

 

それでもあえて桜でなく梅でお花見をする人もいるようです。なんでも梅には梅にしかない魅力があるのだとか。なかなか深そうです。

 

春になると茨城県で梅祭りが行われるみたいです。気になる方はぜひ足を運んで、今年は桜だけでなく梅も楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

1位 卒業式

 

1位は卒業式でした!私は入学式よりも卒業式の方が順位が上ということに驚きましたが、やはりそれだけ「別れは人に深い印象を与える」ということなのでしょう。

 

ですが、別れは別れ。最後は泣けども笑えども、ズルズルと引っ張っていくわけには行きません。最後は心残りなく、スッキリと終えられるように入学式でもご紹介しましたが、卒業式にすべきことをご紹介します。

1、写真を整理しましょう

 

最後の日ですから、写真を大量に撮ると思いますが、写真が大量にある場合、卒業式フォルダを作って入れておくと良いです。いつか思い出したい時にすぐに取り出せると便利ですよ。

2、渡したかった物・返したかったものを渡す

 

こういうものは、清算しておかないと、人のものだと思って捨てづらくなります。これより先に渡せる機会はほとんどないので、ずっと家に残ることの無いよう、卒業式で渡してしまいましょう。

3、部屋を片付ける

 

これから入学式に向けて、新しいものを買ったり、教材が増えたりして、しまう場所が少なくなってしまいます。新しいものをしまう場所を開けておきましょう。

 

これらのことをやればスッキリと年度を終えられ、新しい出会いに向けて気持ちが前に向くと思います!ぜひ、お試しください。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?春は気持ちが不安定になりがちです。別れや新天地での生活の中でいつの間にかストレスが溜まっていて、なんかダルいなぁと思ってしまうかも知れません。

 

ちょっと息を抜いて外に出てみるのはいかがでしょうか?花がたくさん咲いて、お日様もぽかぽかとしているのに、部屋の中で過ごすなんてもったいない気がしませんか?

 

あまり根を詰めすぎるのも良くないです。今年の春は外の景色も楽しみながら、ゆっくり焦らず過ごしてみると良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク