最近はどのホールにも設置されている1円パチンココーナー。少ないお金で楽しく遊べるのが魅力的で、私も毎週のように通っています。

 

実戦を重ねながら気づいた点を中心に、1円パチンコで勝つ方法をまとめてみました。明日の勝利へ向けてぜひ参考にしてみて下さい。

1円パチンコの立ち位置と考え方

 

私のパチンコ歴は18年で、1円パチンコが登場する前からパチンコを打ってきました。4円パチンコしかない時代はハイリスクハイリターンが当たり前でした。

 

調子が良い時は3万円、5万円、10万円と大きく勝てました。今と比べると爆裂台が多く、大当たり1回あたりの出玉も2400発あった時代です。

 

パチンコでの大勝ちを夢見て、優秀台を取ろうと朝早くから並んだことも何度もあります。当時は抽選でよい番号を引けるかが最大のポイントでした。

 

しかし時代は大きく変化しました。規制はどんどん厳しくなり、現代のパチンコはローリスクローリターンが主流になっています。

 

その代表的な存在が1円パチンコです。1円パチンコは通常の4倍遊ぶことができます。1000円あれば4000円分の遊戯が可能です。

 

ただその分だけリターンも少なめです。1万発出た場合、等価交換でも1万円です。大勝ちを狙うのは難しいでしょう。

 

4円パチンコのように大勝ちを狙うのではなく、数百円・数千円単位でコツコツと勝っていくのが1円パチンコのスタイルです。

 

ここからは1円パチンコで勝つための3つのポイントについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

1円パチンコで勝つための3つのポイント

1、換金率が高いホールで打つ

 

1円パチンコで勝つためには、換金率が高いホールで打つのが絶対条件です。理想は等価交換ですが、等価が廃止になっている東京都などでは少しでもよいホールを探す必要があります。

 

貸玉1円、交換0.5円のホールで釘を甘くしているところもありますが、これだと10000円の投資を回収するには20000発出さないといけません。打ち手にはかなり不利な条件になるのでNGです。

2、会員カードを作って貯玉する

 

1円パチンコの場合、数百円単位の勝ちになる場合もよくあります。端数が出やすいので貯玉できるようにしておくことが大切です。

 

最近は台横のサンドに会員カードを入れると、そのまま貯玉できるシステムを導入しているホールも増えてきています。毎回交換するのではなく貯玉していった方が無駄はなくなります。

 

スポンサーリンク

3、打つ機種は甘デジ・ライトミドルがメイン

 

1円パチンコだからこそ爆裂台に座りたくなるところですが、勝つためには当たりやすい甘デジやライトミドルを中心に立ち回ります。2000円以内に大当たりが引ける展開が理想です。

 

確率を大きく超えているようなハマリ台は避けて、確率以内の台を狙うようにするのがおすすめです。好調台は当たりを早く引けますし、お座り一発が狙えるメリットもあります。

 

回る台が見つかればなおよいのですが、最近はどこも釘をあけていないので当たりやすさを重視した立ち回りをしていくのがベターです。

まとめ

 

1・2は基本、3は実戦での立ち回りを紹介しました。このポイントを意識するだけでも確実に勝率は変わってくると思います。

 

最後に絶対にやってはいけない注意点を書いておきます。それは「1円パチンコで負けた分を4円パチンコで取り戻そうとする」ことです。

 

取り戻すばかりか、損失を拡大する結果につながりやすいので要注意です。2000円ぐらい打ってダメならばその日は諦めるぐらいの方が、トータル的には勝ちやすいのでぜひ実践してみて下さい。

 

スポンサーリンク