仮想通貨取引所コインチェックで発生した580億円分のNEM(ネム)の大量流出問題。同社が取り扱っているRipple(リップル)も大暴落しています。

 

1年間で20倍の値上がりをするなどバブル絶頂にあった仮想通貨ですが、ここにきて一気に風向きが変わってきました。詳しくまとめていきます。

580億円分の仮想通貨が大量流出

 

2018年1月。仮想通貨取引所のコインチェックは仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円分が、不正アクセス被害により外部に流出したと事を発表しました。

 

仮想通貨と言えば1年間で20倍になったビッドコインが代表格です。しかしすでに1コインあたり200万円と値上がりしすぎていて手が出しにくい状況です。

 

そこでイーサリアム・リップル・モナコインなどの種類が違う仮想通貨を買う動きが進んでいました。購入者はビッドコインのような値上がりを期待していた投資家たちです。

 

仮想通貨と名のつくものは万遍なく買われており、まさに仮想通貨バブルが到来していました。そんな中で起きた580億円分の流出騒動は、今後大きく影響してくることは間違いありません。

 

まず考えられるのは仮想通貨を売却して現金化しようとする動きです。売りが集中すればするほど価格は下がります。仮想通貨の大暴落は避けることはできないでしょう。

 

スポンサーリンク

リップル大暴落で取引停止・出金停止へ

 

コインチェックで取り扱っている仮想通貨の中にリップルがあります。リップルは第2のビッドコインとも言われており、個人投資家から非常に人気が高い通貨です。

 

今回大量流出したのはネムですがリップルも保有している多くの投資家は、身の危険を感じて現金化しようとしています。しかし取引所は取引停止で閉鎖状態にあり再開の見通しも立っていません。

 

さらに出金もできない最悪の事態になっています。大暴落は確実なのに取引所が閉鎖していて、売却も出金ができないという悲惨な状況です。

 

東京渋谷にあるコインチェック本社前には、100人以上の投資家が返金を求めてデモ行動を起こしました。今回の問題はコインチェック社のセキュリティーの甘さが大きな原因です。

 

しかし投資は自己責任ですので、お金が返ってくる可能性は決して高くないでしょう。売却できたとしても大幅な損失が出るのは確実です。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の今後の見通しは?

 

コインチェック社では仮想通貨の王様ビッドコインの取り扱いはありません。しかし他の仮想通貨が売られれば、ビッドコインも値を下げる事が予想されます。

 

仮想通貨に対しては世界的な規制強化報道もあり、このところ不安定な値動きが続いていました。今回の一件がきっかけとなり、バブル崩壊へと向かう可能性は十分に考えられます。

 

異常なまでに買われていた分、売られるときのスピードは速そうです。ただ仮想通貨は将来性が高く有望なので、売られた後は徐々に値を戻してくるかもしれません。

 

しかしそれは当分先の話であり、しばらくは厳しい戦いが待ち受けていることでしょう。すでに他社で口座を持っていて、売りから入れる人は入るのも1つの方法かもしれません。

 

現在ポジションを持っている人は1度はずすのも手でしょう。損失は避けられないと思いますが、早めに売却すれば損失を低く抑えられます。

まとめ

 

取引所閉鎖・出金停止は投資家にとってこれ以上ない恐怖です。それは預けたお金がすべてなくなってしまうかもしれないからです。

 

仮想通貨は大きく値上がりした事から、このところテレビでもよく取りあげられていました。最近買った人にとっては不幸としか言いようがありません。

 

仮想通貨バブルは崩壊するのか。それとも持ち直すのか。今後の動向を注意深く見守っていきたいところです。

 

スポンサーリンク