春になるとスギやヒノキの花粉が飛び始めて、花粉症の人にとっては厳しい時期が続きます。せめて早めに対策をしておきたいものですよね。

 

この記事では2018年にスギ花粉が飛び始める時期についてまとめました。今年は例年の2倍以上という噂もありますが、本当なのでしょうか?検証していきます。

花粉症は早めの対策が重要です!

 

私はひどい花粉症持ちで、毎年のように苦しんでいます。鼻水と目のかゆみで夜中に何度も目が覚めてしまうのは本当に辛いものです。

 

日中は薬の影響で頭がぼーーっとしてしまい仕事が手につきません。「春なんて来なければいいのに」と邪悪なことすら考えてしまうほどです。

 

あれは3年前でした。その年は花粉の量が例年に比べて少ないと言われており、2月の後半になってもほとんど症状が出ませんでした。

 

いつもならば2月中には病院でもらった薬を飲み始めるのに、症状が出ない事をきっかけに「3月に入ってから行けばいいや」と先延ばしにしてしまいました。

 

そしてスギ花粉がピークを迎える3月へ突入。猛烈な目のかゆさと止まらない鼻水に襲われて急いで病院へ行きました。

 

結果的には薬を飲み始めるのが遅れた分、例年以上に花粉症で苦しむことになってしまいました。そのときに花粉症は早めの対策が必要な事を痛感しました。

 

早めの対策をするためには花粉が飛び始める時期を知っておく必要があります。ここからは2018年のスギ花粉情報についてまとめます。

 

スポンサーリンク

スギ花粉2018年の飛び始めはいつから?

 

東京と大阪に分けて2018年のスギ花粉最新情報をお伝えします。

1、東京

★飛び始め:2月上旬

★ピーク :3月上旬~4月上旬

★飛散量 :前年比160%

 

東京の飛び始めは2月上旬と例年通りです。薬は遅くても2月中には飲み始めた方が良いでしょう。

 

飛散量は昨年(2017)の1.6倍となっていますので注意が必要です。特に昨年スギ花粉で苦しんだ人は、今年はさらに量が増えますので十分な対策をするようにしてください。

 

また今年はピーク期間が例年に比べて長めです。約1か月間ピークが続くのは気が重いですね・・・。

 

スポンサーリンク

2、大阪

★飛び始め:2月上旬

★ピーク :3月上旬~3月中旬

★飛散量 :前年比110%

 

大阪も東京と同様に2月上旬からスギ花粉が飛び始めます。例年よりも気温が高くなりそうなので、花粉が飛びやすくなります。

 

飛散量は昨年の1.1倍で少し多い程度です。他の地域と比べるとそこまで量が増えるわけではありませんが、減るわけではないので油断は禁物です。

 

関東に比べると関西はピーク期間が短めです。スギ花粉に関しては、3月だけ乗り切れば何とかなりそうです。

まとめ

 

今年のスギ花粉の飛び始めは全国共通で2月上旬になります。3月にはピークがやってきますので、2月中には薬を飲み始める事をおすすめします。

 

飛散量に関しては全国的に昨年度よりも増える事が予測されています。特に東北地方は前年比190%となっていますので、東北にお住まいの方は注意してください。

 

東京でも前年比160%の予報が出ているので要注意です。飛散量が多く、ピーク期間が長いという厳しい春になりそうです。

 

スポンサーリンク