ももいろクローバーZのグリーンこと緑を担当していた有安杏果が、2018年1月21日を持ってのグループ卒業を電撃発表しました。

 

突然の発表にファンはショックを隠しきれません。一体何があったのでしょうか?そしてももクロはこれからどうなってしまうのでしょうか?

衝撃的すぎる有安杏果の卒業!その理由とは?

 

2018年1月15日、yahooトップページの1番上に衝撃的なニュースが表示されました。

 

「ももクロ有安杏果が卒業を発表」

 

このニュースを受けて、ももクロのホームページはアクセスが殺到して表示できない状況になります。あまりにも突然すぎる卒業発表に、ファンのみならず日本中が驚きを隠せませんでした。

 

気になるのは卒業する理由です。ホームページには本人の手紙が掲載されており、卒業理由について次のように書かれています。

 

 

“子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました”

 

うーーーん。皆さんはこれを読んでどう思いましたか?私は「これが本当の理由なのかな?」と率直に疑問を持ちました。

 

まず1月15日に卒業発表、1月21日に卒業というのはいくらなんでも急展開すぎます。1週間後には卒業することになるわけです。

 

ここからは推測ですが、おそらく本人が辞めたくなるような致命的な出来事があったのだと思われます。そうでなければこのようなスピード卒業は考えられません。

 

有安杏果の卒業は決定事項ですので、残念ながら避けられません。そうなると今後ももクロは解散、もしくは4人で活動を継続する事になります。

 

スポンサーリンク

有安杏果卒業で解散の危機!4人での活動が厳しい理由とは?

 

まず最初に触れておきますが、現時点ではももクロの事務所&メンバーともに解散を否定しています。4人で活動を継続する意向です。

 

しかしネット上では解散説が後を絶ちません。5人で特別な世界を作り上げてきたグループだけに、今後もパフォーマンスを維持していくのは難しいからです。

 

特にももクロはパフォーマンスの質を大切にしています。常に全力投球で、最高のライブをファンに届ける事が彼女たちのモットーです。

 

少人数グループなので、1人欠ければダメージは相当なものになります。有安杏果の存在が大きすぎるだけに抜けた穴を埋めるのは大変です。

 

そもそもメンバーは常に「5人揃ってのももクロ」と言い続けてきました。モチベーション的なダウンは避けられないのは明らかです。

 

残されたメンバーたちも動揺を隠し切れません。それぞれのコメントを紹介します。

 

≪メンバーのコメント≫

★百田夏菜子

「本当に急な発表で卒業まであと1週間しかない。ファンのみんながどうやって受け入れていくのかが心配」

 

★玉井詩織

「5人でいることが当たり前だったので、私たち自身も想像がつかない。ビックリしました」

 

★高城れに

「ウソだろ、何言っているんだろうって。すぐには理解ができなかった。受け入れてからも、いろいろと考えていた」

 

★佐々木彩夏

「ずっと一緒にやってきたので、寂しい。『5人のももクロが好き』と言ってくれる、もののふさんも多いので4人になってしまうのは不安がある」

 

スポンサーリンク

 

読んでいて胸がせつなくなるコメントばかりです。ファンだけではなく、メンバーも心に大きな傷を受けているのが伝わってきます。

 

気持ちを切り替えようも卒業まで時間がありません。5人のももクロが1週間後に見れなくなるというのはあまりにも厳しい現実です。

 

なお主力メンバーが抜けたアイドルグループは、例外なく人気が落ちています。モーニング娘やAKB48をみてもそれは明らかです。

 

つまり4人になってから今以上の活躍を見せるのは、極めて難しいと言えます。志が高い彼女たちが「解散」という道を選んだとしても、まったくおかしくありません。

まとめ

 

あまりにも急すぎる卒業発表に日本中の誰もが驚いています。有安杏果に一体何があったのか、その真相は本人にしかわからないことです。

 

今後のももクロは解散や改名など、様々な憶測が飛びかっています。4人になっても頑張ってほしいですが、彼女たちが納得いく決断をしてほしいとも思います。

 

考えてみれば2008年にももクロを結成してから10年目になります。私たちにとって卒業はとても残念ですが、そろそろ彼女たちの次の未来を考えてあげるべきなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク