アイドルを超えたハードなダンスとパフォーマンスで圧倒的な存在感を発揮している欅坂46。メンバーの平均年齢はまだ18歳です。

 

今回は欅坂46の中で好きなメンバーをユーザー100人にアンケート調査しました。上位3名をエピソード付きで詳しくご紹介します。

3位 長濱ねる

 

 

愛称はねる。欅坂46オーディションの最終審査まで残ったものの、両親の反対もあって出場を辞退。

 

しかし本人の意思と周囲の協力もあり、特別枠のメンバーとして欅坂に追加加入した経緯があります。

 

ルックスは抜群。遅れてきた大物として注目度は高く、ソロ写真集「ここから」の発売が決定するなど順調に出世街道を突き進んでいます。

 

欅坂の中ではインテリ派で秀才肌。高校時代には全国高校生クイズで長崎県大会の決勝まで残っています。

 

一方でメンバーとの確執や男性とのプリクラがネットで出回り炎上騒ぎになるなど、スキャンダルも目立ちます。

 

もしかすると彼女にアイドルグループという枠は狭すぎるのかもしれませんね。沢尻エリカさんのような女優気質があるタイプでしょうか。

 

アイドルとしても女優としてもこれからの子だと思うので、下手なことで将来を潰してしまうことだけは避けてほしいところです。

 

スポンサーリンク

2位 渡辺梨加

 

 

愛称はベリカ。外人さんのような呼び名ですが、実は名字の最後と名前をくっつけただけなんですよね(^_^;)

 

22歳ながら欅坂では最年長メンバーになります。グループ内では天然ポンコツキャラでいじられ役なので、最年長のイメージは薄いかもしれません。

 

欅坂の冠番組「欅って、書けない?」内で企画されたのが、天然だと思うメンバーのアンケート調査。

 

断トツの1位に選ばれたのがベリカで、なかでもココア事件は天然キャラを決定的なものにしました。

 

※ココア事件とは?

飲みかけの紙パックのココアをそのままカバンの中に入れて、カバンがココアまみれになった出来事。

 

天然キャラの一方で、ルックスは美女揃いの欅坂においても1、2を争うほどでスタイルも抜群のモデル体型。

 

同じようなタイプの元AKB小嶋陽菜さんが大ブレイクしたので、ベリカも第2の小嶋陽菜として大いに期待できそうです。

 

スポンサーリンク

1位 平手友梨奈

 

 

愛称はてち。2001年生まれとまだ16歳ながら、欅坂不動のセンターとして抜群の存在感を発揮しています。

 

プロデューサーの秋元康さんは「センターは平手友梨奈以外に考えられなかった」とコメントしています。

 

てちの表現力はアイドルグループのレベルを遥かに超越しています。それは欅坂のステージを見ればすぐにわかります。

 

圧倒的なセンターというのはグループの顔として注目されやすい反面、アンチを作りやすい欠点があります。

 

元々人見知りな性格で学校では決して目立つタイプではありませんでした。そんな自分を変えたくてオーディションを受けた経緯があります。

 

だからこそ周りの声に敏感に反応してしまい、センターを降りたいと思ったことも何度もあったそうです。

 

それでもセンターを続けられたのは、サポートしてくれたメンバーのおかげだと話しています。

 

年齢的にまだまだこれからの彼女はどこまで伸びるのでしょうか。楽しみでなりません。

まとめ

 

デビュー当時は乃木坂46の妹分であること、14歳の女の子(てち)がセンターを務める事が話題の中心だった欅坂46。

 

そのイメージはよい意味で変わりつつあり、持ち前の高い演技力とパフォーマンスで新しいアイドルグループとしての地位を築きつつあります。

 

他のアイドルグループからも「欅坂のステージはすごい」と言われているように、メンバーのポテンシャルの高さは業界内でも一目置かれる存在です。

 

今回トップ3に選ばれたメンバーは欅坂の顔として活躍が期待されています。個性的なメンバーが選ばれていることからも、今後どのように成長していくのかが非常に楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

【この記事の次に読まれています】

⇒乃木坂46メンバー人気順ランキング。齋藤飛鳥の勢いがとまらない!

 

欅坂46のお姉さんグループと言えば乃木坂46。写真集が記録的な売り上げを記録した事も話題になりました。乃木坂のルックスはアイドル界トップレベルです。癒されたい方はぜひ極上のランキングをチェックして下さい。