積立(つみたて)NISAは2018年1月から新しくスタートする制度です。うまく活用すると大きなメリットがあり、専門家からはやらないと損をするという声も出ています。

 

現在のNISAとの違いや、積立NISAのメリットとデメリットについて記事にまとめてみました。詳しく解説していきます。

積立NISAとは?どれだけお得なの?

 

NISA(ニーサ)は購入した投資信託が値上がりして運用益が出た場合に、通常20%かかる税金が非課税になる制度です。また配当で得た利益も非課税扱いになります。

 

口座開設はすでに1000万を超えており、シニア層を中心に利用者が広がっています。しかし若い人の口座開設数は伸び悩んでおり、そこを活性化させようと積立NISAが誕生しました。

 

現行のNISAですと非課税期間が5年間しかありません。基本的にはその間に保有している株や投資信託を売却しなければなりません。

 

しかし積立NISAの場合には非課税期間が最大で20年間あります。その分、積み立てられる金額は1年あたり40万円と少なめですが、20年間貯めると800万円になります。

 

1年間で1%利益が出ると仮定すれば、複利運用で84万円の利益が出ます。800万円が884万円になる計算です。

 

本来であれば利益分84万円に対して20%の税金がかかってきます。約16万円の税金分を支払わなくて済むというのは大きな魅力です。

 

スポンサーリンク

積立NISAのメリットとデメリット

 

積立NISAにはメリットとデメリットが存在します。それぞれ簡潔にまとめていきます。

 

≪メリット≫

○非課税期間が20年間と長い。長期運用が可能。

○お金が必要になったタイミングでいつでも換金できる。

○手数料はほとんどの証券会社で無料。経費がかからない。

 

 

≪デメリット≫

●現行のNISAとの併用はできない。どちらかを選ぶ事になる。

●投資信託なので元本割れをするリスクがある。

●選べる投資信託が長期運用向けの商品に限定されている。

 

スポンサーリンク

現在のNISAやiDecoと比べるとどれが1番お得?

 

積立NISAができたことで、これまでは5年だった非課税枠が20年にまで広がりました。長期運用を考えている人には、有効な選択肢になりそうです。

 

逆に短期運用を考えている場合は、現在のNISAを活用した方がよいでしょう。1年間あたり120万円まで非課税枠がありますので、積立NISAよりもより多くのリターンが狙えます。

 

もう1つの選択肢にiDeCo(イデコ)があります。iDeCoは個人型の確定拠出年金で、掛け金を積み立てて年金として受け取る制度です。

 

こちらは節税効果に優れており、支払った掛け金が全額非課税となります(上限あり)。会社員の場合は年末調整で記入するだけで、20%以上の税金が戻ってきます。

 

iDeCoは運用益も非課税です。まさにいいところづくしなのですが、あくまでも用途は年金ですので60歳までは掛け金を引き出せないという制約があります。

 

このようにそれぞれに特徴がありますので、自分のスタイルに合ったものを選択するのがよいでしょう。なおNISAとiDeCoは併用が可能です。

まとめ

 

海外に比べると日本では投資をやっている人が少ないです。安定・堅実を好む日本人の特徴と言えますが、有利な制度がある以上はフルに使った方が得をします。

 

積立NISAは簡単に始めることができますし、いつでも換金が可能です。まずは少額から始めてみて、どんなものかを体験してみるとよいかもしれません。

 

積立NISAには損失を出しにくい低リスク商品が多く揃っているので、その点でも初心者の方におすすめです。ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

【この記事の次に読まれています】

⇒iDeCoのメリットとデメリット。元本保証で節税できるって本当?

 

iDeCoの最大のメリットは選べる商品の中に定期預金などが含まれている事です。元本保証でリスクなく、毎年20%以上の節税効果が期待できます。絶対に知っておきたい制度です。