若い頃にあの習い事をしておけばよかった(>_<)30代以上になってそう後悔する女性は決して少なくありません。

 

当サイトでは30代以上の女性ユーザー100人に、20代のうちに習っておいた方がよい習い事をアンケート調査しました。ベスト3を発表していきます。

3位  ヨガ

 

 

最近ヨガを始める女性が増えています。ヨガは様々なポーズを取る事で老廃物を外へ出して代謝をよくすることができます。そのためダイエットに効果的です。

 

また体の歪みを整えて、便秘や肩こりなどが改善されます。さらにヨガは心を落ち着かせてくれるので、ストレス解消効果もあります。

 

ヨガは激しい運動ではないので、高齢で運動が苦手な人でもできます。習っている人の満足度が非常に高いことも特徴の1つです。

 

今回のアンケートでは「ヨガをもっと若いうちから始めておけばよかった」という意見が目立ちました。それほど効果があるということなのでしょう。

 

最近はマタニティヨガやアロマヨガなど、様々なヨガが登場しています。新しい健康法としてテレビや雑誌でも多く取り上げられており、これからますますやる人は増えてくると思われます。

 

ヨガ教室などでやり方を覚えれば、自宅で行うことも可能です。一度覚えれば一生使える財産になるのは大きな魅力かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

2位  英会話

 

 

最近は街を歩いていると外国人を多く見かけるようになりました。英語で何か質問されたときに、流暢に受け答えができるとかっこいいですよね。

 

英語はこれからの時代を生きていくうえで欠かせないものになりつつあります。中学校に続いて小学校の授業でも必修化され、文部科学省は英語教育に特に力を入れています。

 

自分の子供に英語を教えてほしいと言われる日は必ず来ます。そのときにしっかりと教えてあげられるかどうかは、英語力をどれだけ身につけられるかにかかっています。

 

また仕事上でも英会話ができると重宝されます。外国人相手の仕事で認められて、出世できたというケースも決して少なくないようです。

 

メリットはそれだけではありません。英会話スクールに通っている男性は優秀な人が多く、すばらしい結婚相手に巡り合える可能性があります。

 

レッスンは少人数グループ学習が中心になるので、自然と話をする機会が得られるのも大きな特徴です。英語を習いながら、婚活もできるというまさに一石二鳥の習い事です。

 

スポンサーリンク

1位  料理

 

 

習っておいてよかったと多くの女性が感じているのが料理です。最近はクックパッドのレシピを見れば、大体のものは作ることができます。

 

しかし料理教室ではおいしさを最大限に引き立てるやり方を教えてくれるので、レシピを見て作ったものとはまったく別のものに仕上がります。

 

結婚してからだと、なかなか本格的に料理を習う時間が取れません。子供が生まれればなおさらです。そのため料理を習っておけばよかったと後悔する女性は非常に多いです。

 

「男をつかむなら胃袋をつかめ!」という格言があります。男性はおいしい料理を作ってくれる妻のところには必ず帰ってくるものです。

 

料理はなんとなくできるから習うならばもっと新しい事をやってみたい。そういう考え方もあると思いますが、料理の腕を上げることは一生使える財産になります。

 

料理スクールは女性が多く、安心して料理を学ぶことができます。調理実習はグループに分かれて行うので、仲良しの友達ができやすいのもメリットと言えるでしょう。

まとめ

 

トップ3には習っておくと一生役立つような習い事が並びました。これから習い事を始める場合には、先輩たちの意見としてぜひ参考にしてみてください。

 

仕事が忙しくて習い事をする余裕はあまりない人もいるかもしれません。しかし結婚して子供が産まれれば、チャンスはさらになくなってしまいます。

 

習い事にはスキルが身につくだけではなく、人脈を広げられるという大きなメリットがあります。普段知り合えないような人とも交流ができるのは、大きな魅力ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク