新年恒例のイベントといえば初詣。1年がよい年になるように、神様の前でお願いをします。おみくじや屋台も外せない魅力があります。

 

この記事では私が元旦に、東京都渋谷区の明治神宮に初詣に行った時の体験談をレポートします。もしよろしければ参考にしてください。

初詣参拝者数 全国1位の明治神宮

 

初詣参拝者数全国1位の明治神宮は、毎年300万人以上が参拝に訪れる人気スポットです。日本一混雑する神社としても有名ですね。

 

場所は都心のど真ん中にあり、JR原宿駅から歩いて行けるように交通アクセスは抜群。参拝後はそのままショッピングができるのも人気の理由です。

 

川崎の川崎大使・千葉の成田山新勝寺とあわせて、初詣三大スポットの1つに数えられています。明治神宮はその中でも、最も混雑する神社として有名です。

 

私は初詣三大スポットをすべて制覇しようとしており、残るは明治神宮のみとなっていました。いよいよリーチがかかり、テンションも上がってきます。

 

ただ明治神宮の混雑は全国NO1と聞きますし、田舎者には原宿というだけでハードルが高いのでドキドキです。

 

そんな不安を感じつつも、元旦に初詣へ行ってきました。ここからは私が当日体験したすべてをレポートしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

参拝までは2時間待ちでした(>_<)

 

私が現地に到着したのはちょうどお昼頃でした。明治神宮には本堂に行くまでに、3つのルートが用意されています。

 

最も混雑するのはJR原宿駅に近い南参道ルートです。このルートは本堂までの距離も長いうえに混雑するので、私は小田急線の参宮橋駅から西参道ルートを選びました。

 

入口付近はスムーズでしたが、少し歩くと人混みに突入。本堂付近では3つのルートが合流する事もあり、とにかく人だらけで前に進むのも難しい状況でした。

 

ようやく参拝できたのが約2時間後。長い時間待ったこともあり、ご利益がありそうな気がしました。おみくじはそれほど待たずに引くことができました。

 

待っている間は本当に寒かったので、防寒対策は万全にしておくことをおすすめします。マフラーや手袋は欠かせないアイテムです。

 

また本堂に近づくにつれて、トイレに行列ができていました。トイレには早い段階で行っておいた方が良いかと思います。

 

スポンサーリンク

混雑を避けるためのポイントは?

 

明治神宮は日本一混雑する神社です。4時間並んだ経験がある知人は「元旦で2時間待ちはいい方」と言っていました。恐ろしいレベルですね。

 

最も混雑する南参道ルートを回避しても2時間待ちでしたので、明治神宮へ初詣に行くには相当な覚悟が必要になります。

 

冬の寒空の下で長時間並ぶのはかなりしんどいです。それが原因で風邪をひいては元も子もありません。なるべく混雑を避ける努力が大切になってきます。

 

混雑を避けるポイントとしては、まず第一に南参道ルートを外すことです。このルートは本当に混んでおり、他のルートに比べると2倍も3倍も疲れがたまります。

 

あとは日程と時間です。12月31日~1月3日がピーク期間ですので、そこを避けられるようであれば避けた方が無難でしょう。

 

しかしこの期間にどうしても行きたいという方もいると思います。そこで比較的空いている時間を載せておきます。

 

≪ピーク期間 狙い目の時間帯≫

1/1 4:00~6:00、17:00~19:00(閉門19:00)

1/2 6:40~8:00、17:00~18:30(閉門18:30)

1/3  6:40~8:00、17:00~18:30(閉門18:30)

 

朝早い時間と日没後が狙い目です。ただし閉門時間が決まっていますので、それに間に合うように参拝の計画を立てる事が重要です。

 

特に狙い目なのは1/1の早朝です。年越し組は朝までは残っていませんし、電車が動いていない時間であれば人も少ないです。

まとめ

 

明治神宮に初詣へ出かける場合には混雑が避けられません。冬の寒い時期の並びになるので、それなりの覚悟が必要になると思います。

 

それでも1度は並ぶ価値はあると思います。ご利益があるかないかはわかりませんが、私は参拝を終えて大きな達成感を感じました。

 

この記事では混雑を避けるポイントをいくつか書きました。明治神宮へ初詣に出かける際には参考にしてもらえれば幸いです。

 

すばらしい初詣になることを祈っています(^^)

 

スポンサーリンク