アクロバティックなエンターテイメント集団「シルクドソレイユ」の最新作「キュリオス」のチケットがついに、ついに、発売されましたね〜!いやぁ〜待ってました☆☆

 

東京、大阪、名古屋、福岡、仙台の5都市で公演開催が決定しました。すごく楽しみです。そこで今回は誰もが気になっている、東京公演のおすすめの座席や混雑状況などをまとめてお伝えていきます。

ダイハツ「キュリオス」東京公演について

 

まずは東京公演の詳細についてまとめてみます。

 

 

ダイハツ「キュリオス」東京公演

 

<期間>

2018年2月7日(水)~4月8日(日)

2018年4月17日(火)〜6月3日(日) 追加公演分

 

<場所>

お台場ビッグトップ

 

<料金>

大人 

SS席 12500円
S席  10000円
A席  6500円

 

学生

SS席 11500円
S席  9000円
A席  5500円

 

小人 

SS席   8500円
S席  6500円
A席  4500円

 

土日祝日は上記の料金に+1000円がかかります。ということは平日に行く方が断然お得♪というわけです。

 

2月7日~4月8日の開催期間の中で最も混雑が予想されるのは、一体いつなのか?気になりますよね。できるなら、混雑日は避けたいもの。独自の調査結果を元に、混雑日をずばり!予想しちゃいます。

 

スポンサーリンク

混雑予想日をピックアップ!

≪2月10.11.12の3連休≫

3連休はお仕事がお休みの方も多く、人気が集中する期間でもありますので混雑は必須です。チケットも残りわずかとなっておりますので、この時期を狙っている方は早めに座席を抑えるのがおすすめです。

 

≪3月21日の春分の日≫

3月の祝日は唯一、ここしかない為、同じく混雑が予想されます。お早めに!

 

≪3月25日~4月5日前後≫

この期間は小中学校や高校、大学などの春休みの期間と重なるため、学生やファミリー層の人気が集中して、大変混雑することが考えられます。できれば、この期間は避けたいところですね。

 

≪4月8日 千秋楽≫

大変混雑が予想されます。熱狂的なシルクドソレイユファンなら東京公演の最終日は見逃せません。こちらも、チケット残りわずかとなっていますのでお求めの方はお早めに!

 

≪ズバリ、狙い目は?≫

上記の混雑予想日を外した平日が、ゆっくり見られておすすめです。シルクドソレイユ全公演に共通して言えることですが、平日と休日では全然お客さんの数が違います。狙うなら平日でしょう。

 

また、2月8.14.21.22日と、3月1.8.13.14.15.22.29日、4月5日は休演になりますのでお間違いなく!他にも貸切公演などもありますのでご注意下さい。

 

さてここからは、おすすめの座席を紹介していきます。

座席選びのポイントは?

 

お台場ビッグトップは扇型のステージをぐるっと囲むような座席になっています。

 

 

上の画像を見てもらっても分かるように、SS席が占める割合がものすごく多いことが分かりますよね。だからこそ、同じSS席の中でもどこの座席を確保できるかによって、楽しみ方が2倍、3倍と違ってくるんです!

 

ここで、チケット料金を安く抑えたいからと言って、S席やA席を選んでしまうとあとで痛い目に合います(泣)SS席が舞台正面なのに対して、S席やA席は舞台横もしくは背後から舞台を見る形になります。

 

私は過去にS席・A席に座った事がありますが、正面から見るのと横から見るのでは全然違いました。機材やセットなどが邪魔して、ステージがとても見にくかったです。

 

せっかく楽しみにして来たのにこれではがっかりです。「安かろう、悪かろう」という言葉がありますが、ここはけちってはいけません。

 

では、SS席の中でどの座席がいいのか?初めてシルク・ド・ソレイユのショーを見る人はどこがいいのか全く分からないですよね。

 

安心して下さい!初心者の人にも分かりやすくおすすめの座席とその理由を紹介していきます♪

 

スポンサーリンク

ズバリ!おすすめの座席は?

 

まず、1番おすすめしたいのが「Dブロック後方」です。舞台の真正面になるので、見やすさも抜群にいいです。でも、なんで前方じゃなくて後方がいいの?と思った方もいるのではないでしょうか。

 

キュリオスは空中でのパフォーマンスも多いので舞台から近すぎると、常に頭上を見上げなくてはいけなくて、首が疲れてしまいますから、舞台全体を見渡すことができる後方がおすすめなんです。

 

狙っていたDブロック後方は人気で、すでに予約が埋まってしまった!どうしよう。。という方も、安心して下さい。

 

そんな場合には、Cブロック後方のD寄りの座席、Eブロック後方のD寄りの座席がおすすめです。通路をはさむだけで、ほとんどDブロックと舞台の見え方は変わりませんので、こちらの席をおさえておけば大丈夫でしょう。

 

Bブロック、Fブロックは舞台を横から見る形になるので、やはり見えづらさが欠点です。ここは避けたいですね。同じSS席の料金を払うならやはり、いい席で見たいものですよね。

 

先程おすすめしたCブロック、Dブロック、Eブロックの後方の座席の予約が取れなかったとしても、まだ諦めてはいけませんよ!

 

客席真ん中あたりの通路の前後の座席がファンの間で隠れ人気なんです。

 

それはなぜかというと、、、、、

 

シルク・ド・ソレイユの公演では毎回、恒例の開幕前のファンサービスがあります。ショーに登場する愉快なキャラクターたちが客席に遊びに来て楽しませてくれるのです。

 

通路に近い座席なら、運が良ければ、握手やサインをしてもらうこともできますよ!お台場ビッグトップの会場では10列目と11列目の間が通路になるので、そこが狙い目です。

まとめ

 

私の体験談からおすすめの座席をご紹介しました。かなり熱くなってしまいましたが、参考になりましたでしょうか?

 

シルクドソレイユは、座席によって見える景色が全然違います。少しでもよい席をゲットする事が、より楽しむための1番の方法です。

 

空いている平日を狙ってぜひ最高の席をゲットして下さい。すばらしい1日になることを祈っています。

 

スポンサーリンク