将来の年金として積み立てながら、年末調整で申告をするだけで5万円以上の税金が返ってくる可能性があるのがiDeco。

 

いざ始めるとなった時には銀行か証券会社で申し込みをすることになります。どこで申し込むのが賢いのか、記事にまとめてみました。

まずはiDecoについておさらいです

 

iDecoについての詳しい内容。メリット、デメリットについては別の記事で詳しく解説しています。まずはそちらをご覧になって下さい。

 

⇒iDeCoのメリットとデメリット。元本保証で節税できるって本当?

 

簡単にポイントだけをおさらいしますと、iDecoは投資信託商品です。好きなものを選んで運用をしていくことになります。元本が保証されているタイプもあります。

 

iDecoは節税効果に優れており非課税扱いとなります。年末調整で申告をすると、掛け金の20%~30%が払い過ぎた税金分として返還されます。

 

お得感が満載のiDecoですが、始めるためには銀行もしくは証券会社での申込みが必要になります。この記事ではどこで申し込みをするのが1番ベストなのかについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

iDecoはどこで申し込みをするのが1番お得なの?

 

iDecoはほとんどの銀行や証券会社で取り扱っています。どこで入っても同じように見えるのですが、実際には大きな差があるので注意が必要です。

 

選び方のポイントは口座管理手数料と取り扱っている投資信託の本数です。それぞれ詳しく説明していきます。

1、口座管理手数料

 

iDecoを始めるときは、専用の口座を開設することになります。口座を開設する際の手数料は、どこも無料のところばかりなので差はありません。

 

重要なのは口座管理手数料がかかるかどうかです。銀行系はほとんどが有料で毎月250~350円を払う必要があります。それに比べると証券会社系はほとんどのところが無料です。

 

年間にすると3000円~4000円になってくるので決して馬鹿にできません。少しでも出費を抑えて貯金を増やしたいですよね。

 

証券口座を作ったことがない方にとっては、少々ハードルが高く感じるかもしれません。ただ実際にはインターネットのみの作業で簡単に作れるものなので、証券会社系をおすすめします。

2、投資信託の本数

 

iDecoは投信信託ですので、好きな商品を選んで運用を行っていく事になります。扱っている投資信託は、銀行や証券会社によって大きく変わってきます。

 

少ないところで15本程度。多いところでは60本程度と約4倍もの差があります。選択肢は多ければ多いほど自分に合うタイプが選べるので、投資信託を多数取り扱っているところがおすすめです。

 

iDecoを始めてみたけど、リスクが高い投資信託しかなくて運用をやめたという話も聞こえてきます。特に元本保証の商品があるかどうかは、必ずチェックしておくのがポイントです。

 

以上の条件でリサーチした結果、ベストと言えるのがSBI証券です。

 

スポンサーリンク

iDecoのおすすめはSBI証券。手数料が無料で節税効果をフル活用!

 

SBI証券は国内ネット証券では最大手で392万人が口座を開設しています。口座開設はインターネット上ですべて完結するこができます。

 

証券会社は以前まで野村証券や大和証券など店舗を多く持つ会社が人気でした。しかしインターネットの普及により、自宅で取引ができるネット証券が人気を伸ばしています。

 

ネット証券は店舗を持たない分、手数料を安くできるというメリットがあります。SBI証券はiDecoにかかるすべての手数料がなんと無料です。

 

手数料がかからないので節税効果の恩恵をフルに受けることができます。資産運用を考えるうえで、手数料は重要な要素なのでここは大きなポイントです。

 

また扱っている投資信託が60本以上あります。その中には元本保証型の定期預金式の投資信託も含まれており、ノーリスクで節税メリットを受けることもできます。

 

アクティブな資産運用をしたい人向けのラインナップも充実しており、私たち1人1人のニーズに合わせた商品を見つけることができます。

 

運営元のSBIグループは大企業し、インターネット証券最大手の実績もあります。iDecoの運用には最適と言えるでしょう。

まとめ

 

iDecoはどこで申し込むかによって、資産の運用方法が大きく変わってきます。今回ポイントとしてお伝えした、手数料と投資信託の本数は必ずチェックするようにしてください。

 

この2つの条件に最も当てはまるのがSBI証券ですが、SBIじゃなければダメという訳ではありません。ただ少なくても手数料がかかる店舗型ではなく、ネット証券を選んだ方がよいとは思います。

 

証券会社はどこも口座数を増やそうと必死になっています。口座を開設すると、1000円分の商品券をもらえるキャンペーンを行っている会社もあります。

 

ただ本当に大切なのは目先の1000円をもらうことではなく、iDecoで資産を増やしていくことです。よいスタートが切れることを祈っています。

 

スポンサーリンク

 

【この記事の次に読まれています】

⇒iDeCoのメリットとデメリット。元本保証で節税できるって本当?

 

iDeCoのメリットとデメリットを詳しく解説しました。投資信託でありながらも、資産を減らすことのない元本保証で運用するやり方についても公開しています。