老後に備えて年金を自分で貯蓄する手段として、個人年金保険と確定拠出年金が人気です。これらは節税効果もあり貯蓄性に優れています。

 

なかでも最近注目されているのがiDeCo(個人型確定拠出年金)です。iDeCoの基本から元本保証で節税ができる方法まで特集していきます。

iDeCoとは?

 

iDeCoは個人型の確定拠出年金です。この言葉だけで難しそうと感じる方もいるかと思います。私も基本的にそっち側の人間ですので、気持ちがよーくわかります。

 

年金とか保険とか税金とか専門的な事が多くて難しいですよね。ネットで調べてもわかりにくい言葉が多くて、結局は何がおすすめなのかわからなくなる場合があります。

 

そこで当サイトではiDeCoを子供でもわかるように解説していきます。知っておくと非常に得ができる制度なので、ゆっくりで構いませんので覚えてみて下さい。

 

まず確定拠出年金の意味です。これはあなたが毎月少しずつ掛け金を払うと、60歳以降に年金として決まった額をお支払いしますという意味です。

 

私たちが普段払っている国民年金と何ら変わりはないです。国民年金だけでは老後の生活資金が足りないから、自分で足りない分を補おうというのがiDeCoを始めとする確定拠出年金です。

 

少子高齢化が進み年金制度の維持が難しくなっている中、国はこのような取り組みを全面的にバックアップしており、様々な優遇措置を設けています。

 

ここからはiDeCoのメリットとデメリットについて解説します。

 

スポンサーリンク

iDeCoのメリット

 

≪メリット≫

1、掛け金に所得税がかからない。

2、年金を受け取る場合も非課税。

3、投資で出た利益も非課税。

 

まずは1の所得税の話です。会社員の場合、年末になると年末調整の紙を渡されるかと思います。加入している保険などを記入して出すと、少しお金が返ってくるあれですね。

 

そのときに返ってくるお金が「所得税」です。毎月支払っている保険金には所得税がかかりません。しかし年末調整をする前は、支払わなくてよい分の税金まで余分に納めてしまっている状態です。

 

それを年末調整の書類に書いて出すことで、多く払っていた所得税を取り戻すことができます。そしてiDeCoも保険と同じように、申告をすれば所得税が返ってきます。

 

返ってくる具体的な金額ですが、収入に応じて変わってきます。年収400万円の会社員の場合、所得税で20%、住民税で10%が返ってくることになります。

 

会社員が掛けられるiDeCoの上限は年間で276000円ですので、この金額の場合は所得税で55200円、住民税で27600円が返ってきます。

 

つまり将来に向けて貯蓄をしながら、毎年30%分ものお金が返ってくることになります。年末調整で5万円返ってきたらかなり嬉しいですよね。

 

また年金を受け取る場合や、投資で得た運用利益なども非課税です。節税対策としてはこれを活用しない手はありません。

iDeCoのデメリット

 

≪デメリット≫

A、60歳までは下ろすことができない

B、投資信託なので元本割れのリスクがある

 

iDeCoは確定拠出年金ですので、60歳までは積み立てたお金を引き出すことができません。年金だからこそ、すごい額の税制上の優遇があるわけですね。

 

またiDeCoは銀行や証券会社が取り扱っている投資商品です。様々なタイプの投資信託から1つ選んで運用していくことになりますが、商品によっては損失が出ることもあります。

 

「なんだ、投資なのか。それなら怖いからやめておくよ」

 

iDeCoを調べた人はここで止めてしまいがちです。しかし実は商品の中には元本保証がある商品が存在します。SBI証券で購入できる代表的なものを紹介します。

 

スポンサーリンク

元本保証で節税ができるiDeCoはこれ!

 

≪元本保証型のiDeCo≫

・スルガ確定拠出年金 スーパー定期1年預金

・スミセイの積立年金(利益保障型)

・第一のつみたて年金(利益保障型)

 

ここに挙げた商品は現時点で元本保証です。手数料も無料や少額なので、お金を減らすことなく節税効果の恩恵をフルに受けられることになります。

 

投資信託の中には元本保証の定期預金や保険の商品があります。意外と知られていないのですが、これらの商品はノーリスクで運用を行うことができます。

 

もちろんiDeCoで受けられる節税効果はそのまま使えます。iDeCoには限度枠こそありますが、低金利の普通預金や定期預金に預けておくよりも遥かに得をすることができます。

まとめ

 

iDeCoは節税効果が非常に高く、毎年掛け金の20%~30%が返ってきます。まだ新しい制度ですが、そのお得感からこれから急速に広がっていくのではないかと思います。

 

年末調整で3万円~5万円返ってくると嬉しいものです。私はまだスタートしたばかりですが、うちの会社はボーナスが少ないので大いに期待していまいます。

 

元本保証型であればリスクなく安定的にメリットを得ることができます。年金制度はこれからどうなるかわかりません。自分の身は自分で守る術を身につけておくのが安全です。

 

スポンサーリンク