箱根駅伝は毎年お正月の定番イベントです。大学生たちの本気の戦いを一目見ようと、沿道には多くの人が集まり声援を送っています。

 

中継所はどこも混んでいてなかなかよい場所が取れません。そこで私が実際に行って非常によかった穴場スポットをご紹介します。

箱根駅伝は生観戦でこそ面白い!

 

私は箱根駅伝が好きでもう20年以上、生観戦しています。駅伝にはドラマがあります。その部分を掘り下げて書くと、この記事では書ききれないので今回は触れないでおきます(^_^;)

 

1つだけ確実に言えるのは、箱根駅伝はテレビ中継ではなく生観戦をした方が何倍も面白いという事です。これは駅伝ファンじゃない方にも共通して当てはまります。

 

テレビでは主に先頭集団を中継します。後ろの方は10位までのシード権争いを除いては、あまり映されることはありません。

 

出場20校のランナーの表情を見ると様々な思いが伝わってきます。嬉しそうな顔、苦しそうな顔、泣きそうな顔とそこにはたくさんのドラマが詰まっています。

 

足を引きずってフラフラになりながらもタスキをつなごうとする姿に、私は何度ももらい泣きしました。生観戦だからこそ体験できる感動が必ずあります。

 

しかし箱根駅伝のファンは多く、中継所はどこに行っても人だらけです。そこでおすすめの穴場スポットをこっそりとご紹介します。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝のおすすめ観戦場所をこっそり紹介!

 

箱根駅伝の熱心なファンは1区~10区まで電車を乗り継いで、観戦ツアーを組んでいる場合が多いです。彼らは綿密なタイムスケジュールにより行動しています。

 

これまでに穴場スポットと呼ばれる場所がいくつかありましたが、すぐに情報が広まって穴場ではなくなってしまっています。

 

しかし1つだけ確実な穴場スポットがあります。それがこちらです。

 

 

JR横須賀線 保土ヶ谷駅周辺

(往路2区・復路9区)

 

箱根駅伝のルートを辿ると京急線沿線が中心です。京急線をメインにJR東海道線、JR京浜東北線も併用しながら移動する人がほとんどです。

 

保土ヶ谷駅にはJR横須賀線しか止まりません。保土ヶ谷に行こうとすると時間のロスが発生してしまうために他の場所が回れなくなります。

 

箱根駅伝のファンはほとんどが熱心なリピーターなので、1カ所でも多く回ろうとします。だからこそ保土ヶ谷駅はマークが薄くなります。

 

近くの横浜駅に人が集中しやすいので、保土ヶ谷駅周辺は狙い目です。他のサイトで紹介している常連の方もいますが、まだまだ狙えます。

 

スポンサーリンク

防寒対策はしっかりと!

 

最後に箱根駅伝を初めて観戦される方に向けていくつかアドバイスをしておきます。まずは冬の寒い時期ですので、防寒対策はしっかりとするようにしてください。

 

コート、マフラー、手袋、ホッカイロなどフル装備しても寒く感じる位です。保土ヶ谷駅周辺もかなり気温が下がるので十分な準備が必要です。

 

また観戦場所には時間に余裕を持って到着するようにして下さい。インターネットで到着予想時刻が書いているサイトがありますが、あくまでも目安なので参考程度にしてください。

 

写真撮影をする場合はランナーのスピードが速いので、一眼レフカメラなどがおすすめです。スマートフォンでは少し厳しいかもしれません。ビデオカメラならば1番確実です。

 

あとは少しでも多く出場校や選手の情報を知っておくと楽しめると思います。スポーツ新聞を見れば詳しい情報が載っていますので、アイテムとして持っていくと便利です。

まとめ

 

箱根駅伝は90回以上の歴史を持つ伝統ある大会です。これだけ長く続いてきたのは、人々を惹きつける無限の魅力があるからこそでしょう。

 

その魅力はテレビだけでは十分に味わう事はできません。箱根駅伝を生観戦して、感動を体験してほしいと心から願います。

 

実は私も「寒い時期に駅伝観戦して何が楽しいのだろう?」と以前は思っていました。しかし知人に連れられて渋々足を運んだことで、自分の世界観が180度変わりました。

 

ぜひ穴場スポットの保土ヶ谷で最高の生観戦をして来てください。感想もお待ちしています★

 

スポンサーリンク